2008年10月04日

坐骨神経痛 症状と治療法と原因

坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの病気の症状のひとつとしてあらわれることが多いそうです。
そのため狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。
また坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチも行なっていくため、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知って適切な自己管理をすることで、痛みを改善していくことができるのです。

お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛であると自己判断できたら、次にどのタイプの坐骨神経痛なのかチェックしてみましょう。

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。
上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる人は、狭窄型坐骨神経痛です。
逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる人は、ヘルニア型坐骨神経痛になります。


ラベル:坐骨神経痛
posted by みな at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

こんにゃくダイエットの効果や口コミ

こんにゃくダイエットが口コミで評判がいいみたいですね。
実際、ダイエットに成功した人がたくさんいるそうです。
少しこんにゃくダイエットについて調べてみましたので、参考にしてみてい下さいね。
ブドウ糖とこんにゃくという組み合わせによってインシュリンという成分が分泌される量が増えているという効果が期待できるんだそうです。血糖値が正常に戻るような機能が期待できます。
インシュリンの量が増えることによりどこに効果が出てくるかというと、糖尿病の予防につながってくるのではないかと思います。ただし注意してほしいのはあくまでも予防に繋がるかもしれないということで、治療ではないんだそうです。


posted by みな at 13:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動で脚痩せする方法

最近、お腹がでてきました><
なんともお恥ずかしい限りです。
今日は、お腹をぺったんこにする方法を調べたのでまとめてみますね♪
脚痩せに関しては、運動こそが一番良い方法なんだそうです。
運動は欠かすことのできない腹痩せダイエット法です!
特にその場所を痩せさせたい場合は、その場所を重点に運動を行う必要があるそうなんです。
でも脚の運動ばかりしていても、効果はそれほど期待できないんですって。
全体運動の中に足回りを念入りに行うというプログラムがいいそうです。
自転車の運転は凄いお腹痩せにはいいそうです。

自転車っていうと、足を使いますよね。
早くこぐと、かなり疲れます。
脚にはかなり負荷がかかります。
すると必然的に脚周りの脂肪が燃焼されやすくなるそうです。
ハンドルを握ってペダルを漕ぐことで、上半身にも力が入ります。
そして全身の筋肉をある程度使用しなければ、自転車は漕げないですからね。
自転車を意識して漕いでみるのはすごいいいことなんだそうです。
私も実践してみたいと思います。
posted by みな at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。